2009年06月25日

虚無なおうた

くさのな     作 金子みすず

ひとの しってる はなのなは、
わたしは ちっとも しらないの。
 
ひとの しらない くさのなを、
わたしは いくつも しってるの。

それは わたしが つけたのよ、
すきな くさには すきな なを。

ひとの しってる くさのなも、
どうせ だれかが つけたのよ。

ほんとの なまえを しってるのは、
そらの おひさまばかりなの。

だから わたしは よんでるの、
わたしばかりで よんでるの。











名前なんて、無価値だ。
ただそこにある
お日さまと約束した「1」の魂を楽しもう。

約束なんて
私の知る所じゃないから
結局の所
この「1」の魂は
あるけど
ないようなもの。
でも、目に見えてしまうから
愛したり、愛しく思ってしまったりする。

見えないものに重きを置いたり
見えるものを欲したり
行ったり来たりするだけの事。
だけど
おもしろかったり
愛しかったり
腹を立てたりする。

どうぐは生み出すもの。
それはなくても良いんだけれど
あると便利、ほんとかな?
ほんとだよ、ほんとだよ。
こうしてこうしてこうやるの。
あれれ、不思議!
意味のないモノが組み合わさってくっついてひっつけて
足して引いて駆けて割って
「使いモノ」に変化する。

歴史は必要ない!
そう思ってた。
有るのは未来だけだもの。
だけどそうじゃない。
過去も未来も幻想も
必要にして紡いでく。
必要にして生きていく。
ラベル:金子みすず
posted by るぱんだこぱんだ at 16:20| ☀| Comment(42) | TrackBack(0) | 本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

わがままな魚

口笛
どうか許して 聴き流して
メロディ
日が落ちかけた頃 生まれた

むかし
「女は海」だと歌った ジュディ
否定
「貴男が海」だと 歌いたい

君の声のする方へ 駆けてく
白い波が低いうち 飛び越えて

砂に書く「誓い」は
追い波消してく
曖昧に返答
見ない振り?知ってる。
飽きっぽい魚は
自由だと勘違い
白い色目立って
帰り道示す

結局
広すぎる貴男のもとで
幸せなため息つく








*構成 AABSC    曲は「Window」
ラベル:海  うたまっぷ
posted by るぱんだこぱんだ at 12:51| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

なくしたもの

milkが揺らめくと
あなた
気がついてしまう
だから
痕跡ごと消してしまおうかと思った

大好きな名前を消して
湯船から足を離すみたいに
大きな街から外れれば
冬眠の邪魔をしないで済むと思ったの
 
悲しい事に
この結べない糸は
風の強さに怯えて
虚空へと旅立ってしまった

見えなくなってしまった
見ないようにしてたら
いなくなってしまった

どうしたら
みつけられるの?
こたえは求めちゃいけないの。

milkは風に吹かれて
こぼれてしまった
いなくなってしまった
posted by るぱんだこぱんだ at 01:45| Comment(26) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

Forest of silence

Can't wait for the night
Can't wait for the night
眠ったふりなどしないでぇ
Go to bed!...Please.
Go to bed!...Please.
よい子はねんね!わかるよね?

Lalala...
Lalala...
Lalala...独りじゃなくて
Lalala...lala
Lalala...一人が好きで
Lalala...
Lalala...ひとりよがりな
夜が来る

finally obtained the night
finally obtained the night
飲めないくせにおねだりする
give me a hint
give me a hint
酩酊?悪くない?ずるくない?

君が投げた一言
ここ手のひら 羽根広げ
大袈裟に飛び回り
やがて歌になる





静寂 寝息の森
邪魔なものなどないの
どれも必要だから
わがまま極まりない
だから一人が好き

Forest of silence
...it is a reward
Lalalala...
...it is a reward
posted by るぱんだこぱんだ at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

覚悟とは・・・

たぶん何もいらなくて
たぶん何もなくて
意味も言葉も生も死も
虚無に浸る思想家の言うとおりなのかもしれない
選ぶのは自由
どのカードを引くのかは個人の自由
さて、どれにする?
わたしは明るい方へ。
神さまに愛された詩人の声が聞こえる方へ。
ダークサイドに落ちた思想家は
感慨深げの面持ちで
こちらに覚悟を求めてる。
でも、明るい方へ。
わたしは選びたい道に顔を向ける。
さぁ、議論を始めよう。
わたしはわたし。
神さまの日に生まれ落ちたのだから。
posted by るぱんだこぱんだ at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

烏滸がましい事。

お腹がすいて満たされない午後は
不満や不平で居心地が悪い。
表出しただけで罪悪感。
・・・それでいったい何が大切なんだろう。
この胸の中のぐるぐるは
自己満足によって満たされる。
なりたい自分になれているだろうか?
惑わしの術は誰のために働いているんだろう?
向きたくない方向に答えがしまってありそうで
否定したくなる。
覗き見して、
波風を立てない方が楽なんだ。
自分らしいなんて
実に身勝手極まりない行為だ。

意味なんかいらない。
分かろうとしたことこそがおこがましいんだってこと。

もうやめよう。
バカはバカらしくバカでいましょう。
posted by るぱんだこぱんだ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

「15の春に」と幹事、終わったぁ

やっと終わった・・・
嬉しかった。
 みんなが支えてくれたこと。
 ステキな作品ばかりで投票に悩む程だったこと。
 みんなと少し距離が縮まった気がしたこと。
 2位だったこと。

最近、ちょっと落ちていたけど
少しあたたかい気分です。

ウチんなかぐちゃぐちゃぁ・・・
明日やりまぁす・・・
posted by るぱんだこぱんだ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

苦しい一言、後の祭り。

今日はひどく傷ついて
うなだれています

張本人達ふたりは
悪ぶれもなく
おかしな会話を繰り返している

ポケットには何にもない
思うままに引き出した言葉達を
「まだあるだろ?」
貪る盗賊みたいに

この悲しみは喉の奥を通って
胸を通過し
胃のあたりで停滞している

笑いたい人は笑えばいい
でも
顔も知らない
声も届かない
そんな箱の中で
私は
何を期待していたんだろう

まぁいいや
そんなの
明日にゃ忘れる
ごはんの前に
posted by るぱんだこぱんだ at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

ほんの少し近くで

何度となく繰り返す
込み上げてくる感情に
打ちのめされているんだね
何度となく繰り返す
独り言のページをめくっては
ため息と嗚咽を隠している

この地球上は案外と狭いモノで
風邪の流行もお隣さんが風邪ひいた感覚
みくびってなんかいないられない

あの星空の向こうで
誰かが幸せ願う頃
この青空の下
水を乞う子供がいる

この狭い地球上で
僕らの今日と明日は
白と黒もの差を感じて
心を冷やしているんだ

何度も言わないよ
傷が疼くから
posted by るぱんだこぱんだ at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース 最近のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

そんな恋をした

君が行こうというあの部屋には
もう 行かないよ
行けないよ
行ってはいけないんだよ
同時進行でうまくいくなんて
全然思ってないし

夢みたいだったあの瞬間は
見逃したチャンネルだ
天ぷら揚げながら見るもんじゃない

知ってるけど「知らない」って言うでしょ?
横顔見つけても

僕は大人の詩を書いて
泣かせるなんて容易くて
対象者は限定で
欲張りなheartだ
君次第任せきりで

責任は取らない
取らせない
取れっこなんかない

そんな恋をした
posted by るぱんだこぱんだ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。