2008年05月31日

あまいうたが好き

ドロップスのうたとアイスクリームのうたが好き
神様が流した涙が「あまいあまい」ドロップスになって降ってくる
今じゃ子供らに大人気とな?
アイスっクっリーぃムぅ、アイスっクリぃーム
私は王女ではないけれどアイスクリームを召し上がる
舌にのどに流れる「あまい」は、音楽隊のリズムで

あまいうたをきかせて
そしてねむりたい
あまいはさとう砂糖は白いしろいはウサギ

あまい海に抱っこされて
ゆらりゆらり旅に出よう
posted by るぱんだこぱんだ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 「うたうたい」のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

最近の面持ち

反対を向いてこんにちは
すばらしい大自然へようこそ
ただの景色を見て君は
そこへ行く今すぐそこへ
ワガママきわまりないあの子の元へ
車の中レーダーが口うるさく警告
メイサの近く住むと言う
そこはきっと生きるには難しい場所
でも君は

両手で足りるようになったね
明日もそのまた明日も過ぎて
少しずつ近づいて
だから君は

不機嫌なワガママを勘違いしている
ただの虫の知らせ
入り込んでくる様々な感情に耐えられない
それだけなんだよ
ただそれだけ

そばにいてね
たとえレンズの向こうでも
そばにいてね
この声をうたにして
posted by るぱんだこぱんだ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

ざんざんと心地よい

響く頭から肩にかけてざんざんと
それは心地よく背中の真ん中縦方向に
足先まで流れます
読経の優しいこのリズム
昔々のはやりうた
めんどくさがらず聴いてみて
空との約束の話
それはそれは鼻につーんと効きまする
頬に伝わるあたたかい涙は
溢れて溢れてとまりません

「ひとりだ」と意固地な殻こもりな時
「苦しい」と我慢できない孤独な時間
「うらめしい」と自分勝手な夜
自分を嫌いになる前にわがままな自分を嫌いになる前に

ざんざんと
若かりし日から
手習い召しませ
気がついたその日から

上の声や真ん中の音や下のざわめきを
おへそで感じられるように

ざんざんと
心地よさを感じられたら
おやに「ありがとう」を贈りたくなる

ざんざんと
posted by るぱんだこぱんだ at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

もし召されたなら

底なし沼へいらっしゃい
やちぼうずに落っこちて
そこで動けずにいたのなら
何千年だってキレイなままよ
息の根が停止しても
誰も気づかないんだ
おやすみ
腐らないままで
溺れたままの罪人は
逃げて隠れたつもりなの
浅はかだったその人は
土にも還れないなんてね

お花にもなりきれなくて
ミミズにも無視されてさ
どこに行っても連れ戻されてしまうなら
粉になっていつしか無になって
消えてしまいたい跡形もなく
posted by るぱんだこぱんだ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

「絶対彼氏」見て

無機質な個体に
「思い出」と「愛情」と「情熱」と
学んではぐくむ
「心」と言う感情の不思議

苦しみを抱えて
毎日を無理して
努力して努力して
倒れても挫けても

いつもそばにいた無機質な個体は
「心」を少しずつモノにしてくよ
胸を貸してあげる用意はもうとっくにできてた
「おかえり」




わたしもあなたに
「おかえり」
そう言って抱きしめてあげる
「やさしくね」って
泣いたっていいよ
posted by るぱんだこぱんだ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癒しの音色は

あなたがわたしを呼ぶ音は
絡みつくハチミツ
その響きはチョコレートリキュール
甘にがいとろんとさせる呼吸
ゆっくりきこえるから
不思議
眠くさせるから
くすぐったい
疲れた午後に効き目あり

もしもふたりだけでいられたら
私まいにち微睡んでいるわ
あなたのその手に甘えて声をおねだり

短くした髪にふれて、ねぇおねがい
そしておねだりにこたえてね?

私のこころをよんで
そこで笑っているんでしょ?見えるもの
じれったくているよ
指を折って数えるあなたの横顔かすめた
posted by るぱんだこぱんだ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

つなぐものついてまわるもの

夢の話、うなされて
目が覚めて、苦しくなって
ここにいたから息ができた

あたたかくしてから眠ろう

もういちど
もういちど

夢の中、うなされて
もう逃げられないと思った
息ができなくなりそうだ

無理矢理目覚めて

もういちど
もういちど

新しい今日が始まる

取り返しがつかないことをしたよ
許してくれますか?
乞うてもいいですか?

震えるままでいい
このままでいい
なんにもいらない
これ以上はもうなにんも

たとえこれ以上に見せられたとしても
与えられなくとも
きっと遠くで思っていても

ずっとはなくて
朽ちても
知らせは自分で
この身はなくとも
きっと遠くで思っていても

現実の春は葉桜で
朽ちて土になる
功績や名誉、名前さえもいらない
なんにもいらないもの
posted by るぱんだこぱんだ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

「チームバチスタの栄光」と大学病院

最近、お医者さんが減っていますね。
今までいたお医者さんたちはどこに流れていったのでしょう?

大学病院の中身をいじくったせいじゃないかしら?
詳しいことはさっぱりわからないけど
「チームバチスタの栄光」読んで、なんとなくそんな気がした。

高階院長みたいな人がどこの大学病院にもいたとして
うまく病院や人事を守っているんだとしたら
きたないもキレイもバランスを保っていける。

医局制度のお陰で
ド田舎にいても病院にはお医者様がいた。
そう思える今日この頃。
自由とはナンだろう?
取り仕切るリーダーの羽をへし折ると
天秤はいとも簡単に壊れてしまう。
バネを失い皿にのせてもガシャガシャいうだけ・・・
本当の平等とはなんぞや?
自由とは約束の上で成り立っているのにね。

「餅は餅屋」
ナンにもわかってない頭でっかちに
聞く耳があればいいのにな。
専門的知識を持った沢山の人々が手を繋げばいいのにな。
わからないことをわからないと言えたらいいのにな。
わかる人々がわからない人々に
優しく教えてあげられたらいいのにな。

高階院長みたいな人が総理大臣だったらいいのにな。
たかみから見下ろして
上手に人を配置できる人。

所詮お話の中の人なのかなぁ。
posted by るぱんだこぱんだ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

お題「ボールペン」

ザクザクしたのが好き
凍える手はゆっくり進むよ
痺れに沿ってザクザク感がたまらない
創作意欲が増すってもんです

心のままに生きられるなら
彼女が泣きたくなる衝動も
白いステージの上なめらかに
彼女の唄の中だけで許されてしまう

生きることは複雑だ
点数で言うところの簡単の倍以上の労力
だから彼女はその構築のため
はしらす筆先の想い

泣かないでいられたら
きっと
生まれなかった叫びも
いとも簡単に投影できる道具

しろいしろいあてもなくあるくみちのり
指し示すは優しくこの手の中に
思いを綴ろう
ザクザクと
posted by るぱんだこぱんだ at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 「詩を書く人」お題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

YUI 3rd Tour 2008 “oui”〜I LOVED YESTERDAY〜

YUI 3rd Tour 2008 “oui”〜I LOVED YESTERDAY〜
05/14(WED) IN 札幌厚生年金会館
夕方降り出した雨が、みんなを冷やす。
会場17:40頃雨が上がった。歌姫のパワーがみんなをあたためはじめた。

01.Laugh away
02.My Generation
03.Find me
MC ごあいさつ
04.CHE.R.RY
05.I remember you
06.Understand
07.I will love you
MC 空港に着いたら、羊だ、牛だ、人だ・・・
08.Namidairo
09.My friend
10.TOKYO
MC メンバー紹介
ギター担当にまりもっこりの真似を強要。なんなくこなすギター担当
11.How crazy
12.Rolling star
13.No way
14.Daydreamer
15.Love is all
16.Highway chance
17.Am I wrong?

アンコール
衣装替えでYUIちゃんTシャツ。めちゃかわゆい♪
18.Tomorrow's way
19.HELP
20.OH YEAH
21.LIFE
メンバー退場。オケピに一人あぐらでギター抱えマイクもなしにYUIスタイル!!
22.Good-bye days(生歌生音)
めちゃ感動。少し泣けた。でも我慢した。
2番目の歌い出し、コード間違え土下座平謝り。かわいいから大丈夫。みんなで「がんばれ」コール。あたたかなLIVEでした。


おしゃべりの苦手なかわいこちゃんYUI。
歌い出すとかっこいいYUI。
桃の印象そのままに、彼女の頬に、髪に、
そよそよと風が吹いていた。

詩を読んでると
苦しくて、泣き出したい女の子を抱えてる。
でも、負けたくないって叫んでる。
人がどうとかじゃなく
自分がどうしたいかが
彼女の中で明確に示されてて
弱い自分を認めてるけど
精一杯の努力で前を向いてる
若いけど、純粋だけど、筋の通ったかっこよさ。
背伸びしてない、ありのまま。
彼女はうつくしい表現者だ。

きたないもキレイもきっと知ってゆくだろう。
だけど、汚れないだろうな。
きっともっとかっこよくなる。

声は甘くかわいい。
でもほうずりできない強さがある。

YUIが好き。
きっとこれからも
もっともっと好きになる。
posted by るぱんだこぱんだ at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 「うたうたい」のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

山春

春になりきれないかじかんだ山の春色は
春色パッチワーク
唐揚げとパセリのホワホワです
ノンの髪の毛さらさらと
赤ちゃんくさくてしゃあないね
春は


まるで、それはまるで、
ママのフェイクファー
幼き背中の記憶
色とりどりなりきれない春の幼さ

大人びて悪びらない蝦夷山桜ちらり
南下するほどに増す
新緑のすがしい
posted by るぱんだこぱんだ at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

どうしようもないから

たくさんの戯言の中で
繰り返される喜び
うそみたいにほめられて
また勘違いしそうになる
うそつきな空間に身を埋めて
どようびをひとりじめ
普段味わえないアイスクリームを戴く準備

あたたかい毎日に乾杯
麦の秋はゆっくり訪れる
りらさえも待ちかまえて
お散歩に行こうと誘うよ

私欲張りになれない
欲張りになれたら最初から
この車にブレーキはいらないよ
走り出してタンポポを踏んだ
その罪は重くて重くて・・・
だから逃げ込んだ鏡文字の方角に

ずるいから
かたあしだけ
どっぷりと
がっちゃりと
posted by るぱんだこぱんだ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

お題「★生きる★」 」

死んでいくフェリチン
血清鉄の逃亡劇
さようならへの調べ

途方に暮れる
この水の流れよ

しあわせは
些細な誰かの
自然な流れの途中で垣間見る
その横顔でいいんです

うれしいうれしい拾えたら
「ありがとう」と頬に流れます
それは私の中にある

「生きる」とは
ほんの些細なことが集まった
うれしいうれしいの花かご

きたないもキレイも
ごちゃまぜすくらんぶるなんだわ
posted by るぱんだこぱんだ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 「詩を書く人」お題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おやすみ前

君は病に打ちひしがれ声がれ
恋煩い恋泥棒
おうちからはみ出して暴走中
声は風に乗ってやってきて
取り巻いて打ち消して知らんぷり意地悪
甘いお菓子食べ過ぎて後悔
シュウクリームをいただきました
ありがとうごちそうさま
命のあいさつ
今日の贅沢おつかれさま
少しも休めないでいるのかな?
明日もあげる
吐息耳元空想のみで
意地悪なんて言わせない
posted by るぱんだこぱんだ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

ヘンテコな彼女は

歌を歌った
バカボンの
あなた笑うからがっかり
だって、まるでニセモノ呼ばわり

でもでもでも・・・
なんでもいいから笑っていてね
いつまでも笑っていてね

あたたかいお蕎麦のあとに
ほっと一呼吸
お昼寝しないでナンでもない話をしよう
眠くなってしまうから困るよね?

あなたに染み込ませた言葉たち
たまにのぞかせるお姉言葉
あなたなら何でもイイの

なんでもいいから笑っていてね
ヘンテコなわたしのこと思って
いつまでも笑っていてね
posted by るぱんだこぱんだ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チーコの甘え方

チーコのため息
彼女はストーカー
お目覚めなおの傍通る

洗濯カゴいっぱいの朝の
バタートースト、ジャム付きの
お弁当のだし巻きの
行ってらっしゃいのキスの
気がつけばチーコ足元に

ごはんをあげても
わたしを呼ぶの

あそんで
あそんで
あそんで

いいよ
少しだけね

かわいいチーコ
だいすきよ

posted by るぱんだこぱんだ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

お題「涙」

痛みが最高潮に達した頃
マイナーでも一応コンビニ
お疲れ様
薬に頼る低気圧ガール
雨足が早くなるズキズキ
いっそ嘘つきなりたい

大声で叫んで壁を蹴飛ばして
私は強い!宣言するの

バカだね、なんの解決にもならない

薬に頼る三十分我慢して
痩せる思い費やす

嫌いだ
痛い時の自分
いつも悔しくなって
さめざめと

posted by るぱんだこぱんだ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 「詩を書く人」お題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お題「別れ」

腐ってゆく君を上から見詰めた
小さくなって行く炎
恋は幕引きかけ午前様

モテモテの彼女はあしらうのが得意
雄弁で物怖じしない美人艶か
だけどはじめて恋に落ち
何度も彼を呼んでいる
それは散り掛けの夜桜眺める落ちた花びら
腐りかけて土に戻るの拒んだアスファルトの上
なんの足しにもならない

「違うよ」言えるわたしの事を
大事大事してくれる
繰り返す過ち学ぶまで
次にレールひく準備中

ありがとうもごめんねもいらない
痩せた肩そっと送る家路にて
posted by るぱんだこぱんだ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 「詩を書く人」お題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

デザートのあとにね

おいしいものを食べまして
そばに笑うがいたのなら
喜んでキスと抱っこをあげましょう
ぎゅってしたら
メロンパンナのメロンジュース
あまぁいおはなし奏でましょう

デザートのあとにね

楽しいお話とぎれたら
そばで笑うも「はっ」とする
優しくキスと抱っこをくださいな
ぎゅってされたら
クリームパンダがおでましだ
あまぁくささやく聴かせてね

デザートのあとにね
posted by るぱんだこぱんだ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お題「青空」

許せないくらい透き通るから
にらんでやった届かないけど
上を向いて言い訳をせずに泣きましょう
ひび割れハートに光合成みどり
大地を揺るがす芽吹く頃
麦の秋かなフェーン風

蒼い蒼いその奥に
小さく光る雲一つ
ほっとして一休み
涙は枯れぬすがしい頬に
たまごのとろふわぷりんかな

吸い込まれて
はき出された新しさを
元いた場所に戻しましょう
あしたもあさっても
晴れるといいな
posted by るぱんだこぱんだ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 「詩を書く人」お題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。