2008年07月31日

えのぐ感情あかいろ

あかぁい絵の具に水を差す
薄紅色になって不安がる きみ
とんとんとんと
振り返れば
ひとときの雲の上にいる

揺れていたい
まどろんだまま
夜じゃなく朝がいい

また差した水が足りなくなって
赤に戻って安心をあげる ぼく
とんとんとんと
先に広がる
ひとときの雲に焦がれる

暖かい風を
まどろんだままで
長い永ぁい朝のまま

絵の具血の色濃く濃く濃ゆぅく
燃えさかる火のごとく
絶え間ない鼓動
消せない火消し情けない
中身に驚く目を丸くして

雲の上で揺れていたい
雲の上に焦がれて
posted by るぱんだこぱんだ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。