2008年08月18日

「焦った」とて 「揺れた」とて

通常の運転をします
このサイクル
お昼の心配をしないで済む
後何日もせずして

切なげKeyの心地よさの中で
「おやすみなさい」を聞いた

ほとんど振り向きもしていなかったここ数日間を
たった一日だけ逆回転時計で後ずさり
予約なしのあの時間を
おまけみたいに
ご褒美みたいに
宝物みたいに

二百円の思いでは
すてきなシューズボックスの中
きらきら光って返っていました

焦った とて
揺れた とて
同じ場所に引き戻される
引力らしい

北風の中
放せない一枚の毛布
ちいさなちいさな空間の出来事

焦ったとて
揺れたとて
posted by るぱんだこぱんだ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。