2008年11月02日

昭和4年4番目の男の子へ

読経が好き
リズム
ゆっくり流れ込むから心地よい
意味を理解なんかしてないけれど
心を空にしてくれるから好き

自分がどれだけちっぽけなのかよくわかるよ
その「1」にもたどり着けなくて
仏になんてなれない
でも、こちらをむいて読経してくれたあの教誨師さんが忘れられない
「あなたたちを仏として」そう言ってくれたお言葉が
ちっぽけな今日の私にも降ってきて
もうすぐ今日も終わろうとしています。

不謹慎だけど
お葬式に行くと癒されていることに気づく
足を運ぶことでその人に近づいた気になって
救われる
この世ではもう
笑顔とか
その手とか
言葉とか
声とか
においとか
五感で感じることができないけれど
「だからなんなんだ」
そして
「おつかれさま」

なるなるなる・・・
その準備をしてくれる儀式に過ぎない

さびしいを抱え込むのはナンセンスです「るぱんださん?」
そうです。
もう泣きながらタイピングはしないで下さい。
次の段階への一歩を邪魔はしないでね。

ありがとう
あなたが救ってくれた
耳介を持ったパパンダは今日は釣りへ行きました。
ありがとう
あなたが救ってくれた
命の三輪車は今もまだ現役です。
ありがとう
「昭和4年 4番目の男の子」
あなたの清き魂は
上へ上へと
ただただご無事でと祈るばかりです。
posted by るぱんだこぱんだ at 21:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
涙が出てきそうです。
泣いちゃだめですか…(T_T)
Posted by MSHB at 2008年11月03日 20:28
まだ立ち直ってないるぱんだです。。。
虚無の世界はどんなかな?
逃げる場所ではないよね。
死とは、
「おかえりなさい」の入り口に過ぎないんだろな。

泣いちゃダメ。。。なんだろな
Posted by るぱこぱ at 2008年11月04日 00:37
死とは、
人生の転換→これの大きいものだと考えてる
新たな宇宙の何かへの一部へ
「いってらっしゃい」っていう
ものだと
だから昔から輪廻とか言われるんだと思う。
Posted by MSHB at 2008年11月04日 23:24
受け取り方さまざま。。。
「いってらっしゃい」も「おかえりなさい」も
「にわたま」問題みたいだね。

るぱは、死んだときに
還るもんだと思ってた。
あっちが先だと思ってるから。

Posted by るぱこぱ at 2008年11月04日 23:58
どちらにしても
今のところ必ずあるもの
こればっかりはどうにもできない
Posted by MSHB at 2008年11月05日 08:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。