2009年01月15日

溶けて雨降り

冷たい睦月
空はあくびを忘れて意地悪
雪は気まぐれで見ていないうちに降る

寒くならないように
手袋を忘れない
握れない手がそこにあって哀れ

おなかいっぱいの幸せの中
心地よい匂いに酔っていた

優しい旋律に身をゆだねて
我慢は三分の一ほど放棄
決心が崩れてゆく

お空はその頃
溶けて雨降り
あたたかいんだ
気のせいかな?

唇にグロス
意味なんて無い
ほどけて溶けて真っさらだ

お空はその頃
溶けて雨降り
あたたかかった
ホント束の間

通り過ぎた後
雪に変わった
posted by るぱんだこぱんだ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112634904

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。