2009年01月18日

束の間、溶けて雨降り。

お空は あくびを忘れて
すこし いじわる
気まぐれ 見ていないうちに
そっと 降って募る

包めない てのひら
朱くただ 灯るだけ

 お空は その頃
 溶けて雨降り
 あたたかいんだ
 気のせいかな?




切なく 見つめてた「ぼたん」
溶かす 言葉を
離れた 場所にいたとして 
分かる あの日みたい

我慢は 放棄して
言葉を 飲み込んだ

 お空は その頃
 溶けて雨降り
 あたたかかった
 束の間だけ



君振り返り そのあとで
雨は白く色を変えた 
posted by るぱんだこぱんだ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112766648

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。