2009年04月26日

15の春に

毎日がはちゃめちゃで 毎日がケンカで
毎日が 笑顔 いっぱいだ
集うは「カステラ城」 ぼくらの 場所だよ
男の子ばかりの お城さ

ある日旅立つ「15」が 残した手紙を
ほどいて 泣けた

遠くへ 遠くへ のばす
ボールに架けた夢 始まったばかりだよ



魔法使いのパパは 誰かの痛いを
溶かして消し去る男だ
そんなすごい人が ビックリしてたんだ
「15の春」侮ってた

『当たり前なんて事 ひとつもない』
そうだね そうだよ ほんとだね

遠く 遠く 高い高いところへ
夢見て 目指して 旅立つ
泣かないつもり でもそれは無理で
泣いた
ボールに架けた夢
始まったばかりだよ
遠く 遠く 高い高いところへ
夢見て 目指して 旅立つ
知らないうちに
大きくなっていたね ほんと
あっという間に
posted by るぱんだこぱんだ at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118108546

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。