2008年04月04日

猫のチーコ

チーコ・・・甘えたいの?
いいよ
この膝へいらっしゃいな。
かわいいね、チーコ。

抱かれるのが苦手な、我が家のアイドルは
自分から来た癖に飽きちゃって
プスプス言いながら降りて行く

チーコはイイ子。
今夜も指定席でねんねしな。
お気に入りのソファの上で毛並みを気にしていまする。
posted by るぱんだこぱんだ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

塩ちゃんの日記見て

日記のページめくり
ぱらりぱらぱら

うぬ?うぬぬ・・・
すてきな言葉に目がとまる

「明るい日」って「明日」になるよ

ぱらりぱらぱら
今日の悪態も剥がれてく
わたしに無いものを教えてくれる

このゆっくりとした旅は
わたしと言うちっぽけに
知恵を授ける宝庫だったりする
posted by るぱんだこぱんだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

「大好き」はあたたかい

「大好き」をめくる度
「大好き」になる
「大好き」って言わなくても
「大好き」ってわかる
君にない「大好き」のかけらをあげる
僕にない「大好き」のかけらを教えて
「大好き」は「大好き」は・・・
ここにあるかのごとく
あたたかい
「大好き」は「大好き」は・・・
まんなかあたりに存在して
あたたかい
posted by るぱんだこぱんだ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

知らなかったよ

へへって笑ったら・・・
いつもの顔です
ふわふわの時
誰にも見せたことない顔みせたげる

こんど約束したらみせたげる

あたらしいこと何もいらない

こんど約束したらみせたげる

リクエストに出来るだけ配慮する
都合の良さが売りだと思ってた
あなたが好きだという顔で
みつからないように笑いましょう

こんど約束したら・・・

お花は枯れないうちに摘みましょう
枯れないように笑いましょう
posted by るぱんだこぱんだ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

かっちの日記よんで

今朝あなたが新芽に気付く
愛おしく感じたとあなた
出窓においた観葉植物にシャッターでキスをする

まいにちお水をあげただけ
けなげな草花はそうは思っていなくて
新芽に気付いたあなたとおそろい
愛おしくあなたを出窓から眺めています

きのう調子が悪かったあなたを心配して
新芽をサインに「元気になぁれ」
愛おしさが募るね

命が芽吹くエネルギー
五劫のすり切れ程のスピードで
posted by るぱんだこぱんだ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

「またはじまった」と言わないで。

さめてゆくコーヒーみたいだったよ
こわいくらい遠くに感じたよ

背中に残した証は
今日も鮮明に動悸息切れ目眩
この記憶はくせになる

苦しくないように・・・なんて無駄だから
やさしいでいてくれる
全部知ってていてくれる

ぜったいに切れない糸など無い
だから守って上げましょう
泣き虫にさよなら

もうすこし
もうすこしだけ・・・
まどろみをください
つぎの約束までには強くなるから
posted by るぱんだこぱんだ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

動けないで居るよ

遠い明日がもう今日に変わってしまって
また動けないで居るよ

あたたかな
日だまりに近づいて
溶けそうになる

そのにおいがたまらなくすき

だいすきなだいすきな
今日になる
posted by るぱんだこぱんだ at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

「チッチとサリー」永遠に

奥さんが言った
「春のお知らせなのよ」
古いトタン屋根の服屋さん
ポカンポカンと鳴くんだよ

社長さんが言った
「春の雪だな。フワフワだぁ」
降っては溶けてしまう、大粒の牡丹雪。
フワリフワリと降るんだよ

ふたりの会話
毎日毎日あたたかい
寒い店内、ふたりが居なきゃ
春の訪れ気付かずにいた

「ぱぱぁ〜」まつげがかわいい奥さんは
おいしそうな匂いのエプロンで
「お肉屋さんにいくわね。お肉は何枚?」
照れくさそうに「お好きなように」社長さんが俯くの

子供達はとうにその背を追い越して
春の知らせをメールで聞くの

恋なんてさ
社長さんと奥さんみたいに
いつまでもいつまでも
「チッチとサリー」
小春日和を彷徨うゆっくり散歩

ポカンポカンに耳すまし
フワリフワリに酔いしれる

このふたり 今年の春も
ピンク色のカーデガンを揺らすのです
posted by るぱんだこぱんだ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

なんかね・・・の続きは待って

君の声が聞こえる・・・
気に入ったフレーズ

ばかばか!ノートとペンを忘れたな?
それはもったいないオバケがニタリとこちらを眺めるような
とてもとても愚かなことです。

会いたくて会いたくていたから
その時の感情だけ覚えてるよ

毎日毎日想っているから安心だぁね。。。そうだよね?

近づくこと
指折り数えながら
また胸を焦がしてる

忘れてしまったフレーズ
おもいだせないけど・・・
この想いだけは覚えてる
あたたかい手の甲温度おぼえてる
はじめて触れた日のことおぼえてる

だから、
だからね

この詩を読む頃
どんな顔か思うとね
なんかね・・・
posted by るぱんだこぱんだ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

伝わらないとき

玄関のアプローチに粉雪がうっすらこんにちは
どんな明日になるだろうか?
もう疲れたよ
一対一になって話せない
どうしてだろう
人間同士じゃ居られませんか?
わたしはただ聞いて欲しい
心配は単なる勝手な思いこみ
だけど
あなたを思ってるよって心が震えることなんだ

いつか伝わるよね?
いつか・・・いつか、伝わりますように
posted by るぱんだこぱんだ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

いたずらなおいた

少しの勇気で喜んでくれるなら
もういちど
もういちど
癖のあるほうの手の甲をおねだり
呼吸がはやくなる

日向の匂いとチョコレートの溜息
ほしくなる
ほしくなる
猫が鳴くみたいに名前を呼んで
なんども何度でも


posted by るぱんだこぱんだ at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

女友達は

次の日は仕事
だけど、その夜をくださるやさしいがいる

長い話を聞いてくれるとおっしゃるの
骨を折るようなこのご苦労を
容易く笑顔で「いいよ」と言ってくれます

どんな今日でしたか?
寒くて痺れて浮腫んでますよ
どんな昨日でしたか?
痛くてヤケドなんかもしています

この海はあたたかで浮いていてやわらかです
深くて深くて深くて
溺れないようにたまにスパイス効かせます

このことは他言無用です
だからグリンゴッツより優秀なのです
posted by るぱんだこぱんだ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

こんぷれっくす

キライだった声も
好きになる
キライだった顔も
好きになる
キライだった二の腕も口癖も

ただ、あなたの一言が真実みを増す度に
好きになる

どうしてだろう?
悩んでた5分前が
自信に満ちた今になる

このかけらは「見えない星」に隠して
歌うね

もっと自信が付いたのならば
送るね

私が好きな私になる
嘘でもいい
私が私らしくいても大丈夫
そうだよね?
posted by るぱんだこぱんだ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

悲しみビスケット

家族と友達、そして・・・彼。
「私苦しいよ」伝えて
ビスケットにしてポケットをたたこう
そして砕けたかけらをみんなで食べてしまおう

大丈夫
しまいまで食べてあげる
傷が癒えますように

前ばかり見すぎて疲れないように
鼻のてっぺんにジャムを塗ってあげる
笑ったらきれいあなたの顔

ビスケットはたくさん焼いてあげる
悲しみばかりじゃないように
すこし堅めにね

ポケットをたたいて
ビスケットが増える
夢みたいだけど
それは、とても現実的で

あなたのそば降る雨で
やわらかくなっても
焼き直してはんぶんこのはんぶんこ
わけてわけてわけて
食べてしまおう
posted by るぱんだこぱんだ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肩越しの額縁

痛みの中でまた眠れなかったよ
あなたに私の声が届かないから
苦しくなって飛び出したよ
朝の挨拶は切なかったよ
少しずつ離れていくよ
少しずつ遠くなるよ

抱きしめかたが難しくなる
あなたと私の距離が広くなる
肩越しの壁に掛かるライスシャワーをみつめて
気が遠くなる欲張り

あなたじゃない
わたしのせいです。
posted by るぱんだこぱんだ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

ブログ旅行

置いてけぼりのソファ
トラウマ切なく思い出して自己嫌悪
もう、終わりかな?
許せないでずっと恨んでいる

だけど居心地が良い
猫のしっぽに撫でてもらった手のひらは
きっと何もかも知っている
がさがさと荒れ出したら警告です
昔から変わらないね・・・
病みだしたハートちくちく

もう、だめだ。
もう、だめだ。
マミタスのしましまぐあいと
ウチのチーコの三毛猫かげんは
どちらも慰める為の丸い背中
こうして家族が存在を示す ふとした瞬間

ぽっかりあいた自分が
キライになる

あしたは・・・あしただ。もうあしたにきてしまっていた。

戻ろう
無理に一人にならないで
posted by るぱんだこぱんだ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

さよなら

あたためた右手の痛いは
じんじんと音をたてて崩れていく
沢山の覚悟と
沢山の賞賛を浴びて
遊びなど惜しみなく取り入れ
いつ眠りについたかわからない

くたびれる度に思う
はやくその胸に・・・と
私、どこに行けばいい?
遠く感じる大きな背中は
もうはみ出している
もう帰らない
もうもどれない

君を取り戻すなら今のウチ?
君を失うかも知れないと言うのに
君を思うとき・・・なくした
そう、思う。

さよなら さらさら さよならと
眠いけど 眠らないでいたい
さよなら だけど さよなら
言い訳などいらない
いらないときは捨てていって下さい
「もういらない」
はっきり聞かせて

本当のさよならをした・・・

このままで
posted by るぱんだこぱんだ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

瑞季ちゃんへ捧ぐ

寒い寒いベッドから抜け出せずにいるよ
あの子エビみたいに朝のいたみに怯えてる

だけどね時間になると努力して
仕事の準備を怠らない

早起きをして
苦しみに押しつぶされそうになっても
再び朝を迎え頑張っている

結晶邪魔をしてフロントガラス
早めにキーを回す

溶け出した頃走るの

森にさしかかり

あの子冬のご褒美もらうよ

目の前に広がるよ
樹氷の森に一目惚れ
シャッター押すのさえ忘れたの

寒い日のご褒美焼き付けろ冬
早起きにだけ捧ぐ
タグ:樹氷
posted by るぱんだこぱんだ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「どこでもドア」がありました

神様はこんな風に下界を見下ろしているのでしょうか
高い高い塔の上で目を光らせて
その下で命令に従うゆきんこ一名なんだってします
神様に声が届かないのなら手を使いましょう
「会いたい。ずーっと前から」
長靴のおさげは走る走る
「どこでもドア」と名付けたその目に
その橋を通る度おじぎをします

嬉しそうな甘い声でご褒美を
こんなに短い一日はもう無いかも知れません
今日のごちそうは嬉しい味です
待っててあげたい金麦と
こんなにステキな一日を
本当に本当にありがとう
満足なこころというものは眠たくなるのですね

また「どこでもドア」の下で待ち合わせ
いつのことでしょうね
喜ぶ声が聞きたいと願ってやまない欲張りです
posted by るぱんだこぱんだ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

あの人の季節

秋色染まり行く9月
オレンジにじむ朱が見え隠れ
56の詰め襟ふりかえり
はしゃぐ足が運ぶ
小さいのやら ちゅっくらいのやら
新しい足ではしゃぐ
第三の瞳からこんにちは
にぃにぃほころぶ
追いかける追いかける

足跡を踏んで追いかける10月
暖かいおひさんに負けない
ちいさい幸せクローバー
かなりびっくりころがるこころ

バターの溜息におわせて11月
して欲しい事をキチンというの
少しだけすれ違って晴れのち雨

かるいのや深いのためらいの12月
ゆるいなまぬるい安心の交換
もしも時計を味方に出来たら

願うだけ無駄です1月
無駄なんです
2月幸せですよ。寂しいだけで
それ以外はもうもうなにも・・・
はぁ、まいにち寒いです。
posted by るぱんだこぱんだ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。