2008年07月19日

わすれないでよ

ほほえんでいたこのフレームが外れて
悲しみに暮れる君が小さくなる
どんなに思っていても
君が埋めたパズルが1ピースずつ剥がれてく

ほほえみを取り戻すために
黄色い花の力を借りて
手紙を送ろう
愚かな昨日に袖振り
今日の君が存在する

変わらないようで
変わっていく
時の流れの多さに
とまどっている

僕の笑顔を忘れ
どこへむかうの?ねぇ君。
posted by るぱんだこぱんだ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

ゆれないひまわり

手紙が一方通行で
揺るがす「覚悟」はなんのため?
恋しくて書く『大好きだよぉ』
ちゃぁんと伝わってるのに・・・

風が吹くたびに
揺れていてはダメじゃない!
ひまわりが咲く前に枯れたら
この足で立っていられないよ

こっちをむいて笑っていてね
ずっと一緒にいよう
こころのままに
posted by るぱんだこぱんだ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

スイートテンでした、昨日。

揺れる
静寂の中の深夜放送
今日のスポーツがこんな時間にとても元気だ
揺れる
静寂を選んだパソの前
あなたのベッドに潜り込めずにいる
揺れる
静寂を贅沢だと感じる
欲張りになっていた振り返る10年を
揺れる
静寂に飲み込まれないよう意味もなくつけたテレビ
心のままにいられなかった若い日のことを
泣かないで居られる
揺れて・・・私らしく居る今を
受け入れられる私に驚いている
posted by るぱんだこぱんだ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

おはなのはなし

お花の名前を知らないあなたは
気づかないうち 
お花の名前を口にする
そのお花の話に口をつけたら
?はてな顔?
声が笑ってこだまする
それなら私が教えましょ。
知ってるお花はわずかだけれど
posted by るぱんだこぱんだ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

自称へたれ詩人

右手がダメになった詩人は
「左手があるさ」とかなりお気楽
ごはんも左利き気取りで
笑ってかわそう
右隣の大好きさん
ベーコン泥棒えへへのへ
痺れが痛みとかして
右手に集中攻撃をする
なんなんだ!なんでもないよ。。。こんにちは

今日も寝ていよう。
仕事が始まる時間まで
「はやくげんきになぁれ」
これが救いです
最大限の愛情にかんしゃ。。。おやすみ。ぱたん。
posted by るぱんだこぱんだ at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

ねがいごとひとつ

おかっぴきがはしってゆく
その先に見たモノは
菖蒲の花
きいろやむらさき、しろの混じりけ
無邪気すぎた午後のこと

すれ違っただけかも知れぬ
その通りすがりに
ただ
想いがかすった夢の切れ端

何百の年月
久々の再開やも知れぬ
この不可思議な夜明けの晩に
招待状のような連絡網

そんな「かくれんぼ」はやめなはれ
狐がぎょうさん憑きまする
「悪」に近づきなんになる?
もぅもぅしまいや。おやすみよ。

永い眠りにつくとて
なんになる?
およしよ、およし。
手のなるほうへ

かざぐるま
めじるし
遠き日の迷い
ぐるぐるまわる
いたずらよ
posted by るぱんだこぱんだ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

いちばんをあげるよ

おっきなホークを持ったみるく
あまーい小悪魔
「ねぇ、きらい?」
意地悪するつもりなどないのに
気持ちが溢れてこぼれちゃう

ごめんね。ゆるしてね。もうしないから。
うん・・・気をつける、から。。。

ここへいらっしゃい
つつんであげる
言って欲しい言葉ぜんぶ
耳元で囁いてあげる

やきもちなどやかないで
いちばんにおもっているよ
posted by るぱんだこぱんだ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

暑い夏が好きなあなたへ

汗っかきのくせして
暑い夏が好きなあなたは
ここ最近痩せたみたい

こころなしか前よりも下を向いて歩いて
何となく額にストライプがはしりそう

応援してるよ
一番近くで
遠くで青い実がスイカらしくなってきたことを告げて
あなたが元気でいることを伝えた
さくらんぼは甘くあまぁく
あなたの思いを乗せて
今年も大変美味しゅうございましたの感想
一人じゃないから

必ずやってくる
暑い夏は
こぶしの花の知らせ
春のお話思い出し
桜の日のことが色褪せてく

あなたが笑っていることが嬉しいのに
やさしくなくてごめんね
posted by るぱんだこぱんだ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

蕗の傘

ホッビットさんがシャイアに着く頃
雨が降りだし大あわて
優しいトロルにでくわして
転げ落ちそうな危うさで
逃げも隠れも手遅れで
絶体絶命そのはずが
差し出されたよ蕗の傘

おいてけぼりのだらしない膝は
がくがくがくがく音を立て
しょぼくれたホビットさんしりめに
トロルのあくびと大きな背中が遠ざかる

さよならさよなら
夕暮れだ
シャイアの丸窓に灯がともる

posted by るぱんだこぱんだ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おてあげ

君の虜になって僕は
空を見上げた
君を知った日
穏やかな風を感じた
君にふれたい
そう思ったんだ

ゆるいふくの似合う君に
生ぬるいお茶を飲ませて
空に投げて無くさなかったとしたら
君に渡そうと思うこの手のひらの約束

上手に愛されないことを
君は我慢しないで
愚痴も言わない
あまり気にしない性格
立ち止まりながら歩くから
目的地につけないで
みちくさの達人
おてあげ

君に贈った言葉たちを
かわいそうに思う
気にしないから伝わらない
君におてあげなんだ
どんな言葉でもダメで
どんなキスでもダメで
「あたたかい」と感じてくれた時だけ
ほほえむから
やめらんない

「あいしてる」と言わない
伝わらないから
おてあげ
posted by るぱんだこぱんだ at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

どんぐりの背比べ的感情

違う角度から観たきらきらした思い出
まどろんで
お星様のない街で
揺れるゆりかご
誰もいないよ内緒だよ

この先のことなど
どうにでもなれ
くすぐったい筆先

まいにち思ってるよ
競争なんておかしいね
いたちごっこしてるから

半袖の腕に揺れていたい
おもしろいから
posted by るぱんだこぱんだ at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

曖昧チューリップ

経験のないことを試してみる勇気
ワクワクするようなリザーブ
その席は特別
近づいてくる嘘つきな記念日
ドラマみたいにアーバンなディナーはどんなかな?
「おいしい」って夢中で飛びつく「花より団子」ごめんなすって。
ほんの照れ隠し
「ほんとは嬉しい」チューリップの中に隠しておいたよ

気まぐれな故意は意図的な罠で
はまりたくてため息なんて嘘になるハニー
これは計画的で几帳面が襟を正した正式なお誘い
お受けしまする喜んで

楽しもう今を
必要で傍にいたいと願った
そんな路地に迷い込んだら
そのままで
自分らしくいたいと叫ぼう
posted by るぱんだこぱんだ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

強いこころ

「愛してる」なんて口にしなくてもイイよ
どうしてかしら?感じるから。
行きは別々の便だけど、不安だったけど、
離ればなれになってもまた会えるって信じられた

いろんな話をしたね
手を繋いで歩いたね
私たちのこと誰も知らない街で

許されないような気がしてた
だけどそんなことたいした問題ではなくて
だいすきなモノを大好きと言っただけに過ぎないのかもしれない
そんな旅をした

帰りは同じ便に乗り
飲めないワインで
おかしな二人になってたでしょうに
あまいあまぁい昔話

会いたいとき
苦しくなっても
そんなことたいした問題ではなくって
きっと
ご褒美みたいな
二人だけの時は
だから
ろうそくを灯すみたいに
あなたから

木になりましょうか
なりましょう
そのままふたりで
内緒話の要領で
それは
あなたから

この狭間で揺れるには
強い心が必要です
時にはズルさも必要です
それは
わたしから
posted by るぱんだこぱんだ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

ぽかぽか談話

「声が聴きたい」
正直うれしい
ゆっくりはなせなくても
そう思ってくれるだけでイイ

風が強い日
ゴウゴウ言ってても気にしない
のどの弱いあなたは
ごろごろ言って隠れて名前を呼ぶの

初めて話したときの声と違う
だんだん近づいてくるこの圏内に
もう離れないでって
言わなくてもわかってる
不安にさせてごめん
でもとめられない
ジュジュはわがままだから

カーテンは開けたまま
そっと窓辺にたって
指折り数えて待っている
ラベンダーの調べは新しい蛍光灯の下ふわり
なんとなくこうじゃないかな?聞こえたふりをしているよ

明日はどんな一日?
今日だけのんびり許してね

曇り空の下
こどもたちはかぜのこ
お母さんは開店休業
明日の天気を気にしてる
posted by るぱんだこぱんだ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

最近の面持ち

反対を向いてこんにちは
すばらしい大自然へようこそ
ただの景色を見て君は
そこへ行く今すぐそこへ
ワガママきわまりないあの子の元へ
車の中レーダーが口うるさく警告
メイサの近く住むと言う
そこはきっと生きるには難しい場所
でも君は

両手で足りるようになったね
明日もそのまた明日も過ぎて
少しずつ近づいて
だから君は

不機嫌なワガママを勘違いしている
ただの虫の知らせ
入り込んでくる様々な感情に耐えられない
それだけなんだよ
ただそれだけ

そばにいてね
たとえレンズの向こうでも
そばにいてね
この声をうたにして
posted by るぱんだこぱんだ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

癒しの音色は

あなたがわたしを呼ぶ音は
絡みつくハチミツ
その響きはチョコレートリキュール
甘にがいとろんとさせる呼吸
ゆっくりきこえるから
不思議
眠くさせるから
くすぐったい
疲れた午後に効き目あり

もしもふたりだけでいられたら
私まいにち微睡んでいるわ
あなたのその手に甘えて声をおねだり

短くした髪にふれて、ねぇおねがい
そしておねだりにこたえてね?

私のこころをよんで
そこで笑っているんでしょ?見えるもの
じれったくているよ
指を折って数えるあなたの横顔かすめた
posted by るぱんだこぱんだ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

つなぐものついてまわるもの

夢の話、うなされて
目が覚めて、苦しくなって
ここにいたから息ができた

あたたかくしてから眠ろう

もういちど
もういちど

夢の中、うなされて
もう逃げられないと思った
息ができなくなりそうだ

無理矢理目覚めて

もういちど
もういちど

新しい今日が始まる

取り返しがつかないことをしたよ
許してくれますか?
乞うてもいいですか?

震えるままでいい
このままでいい
なんにもいらない
これ以上はもうなにんも

たとえこれ以上に見せられたとしても
与えられなくとも
きっと遠くで思っていても

ずっとはなくて
朽ちても
知らせは自分で
この身はなくとも
きっと遠くで思っていても

現実の春は葉桜で
朽ちて土になる
功績や名誉、名前さえもいらない
なんにもいらないもの
posted by るぱんだこぱんだ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

どうしようもないから

たくさんの戯言の中で
繰り返される喜び
うそみたいにほめられて
また勘違いしそうになる
うそつきな空間に身を埋めて
どようびをひとりじめ
普段味わえないアイスクリームを戴く準備

あたたかい毎日に乾杯
麦の秋はゆっくり訪れる
りらさえも待ちかまえて
お散歩に行こうと誘うよ

私欲張りになれない
欲張りになれたら最初から
この車にブレーキはいらないよ
走り出してタンポポを踏んだ
その罪は重くて重くて・・・
だから逃げ込んだ鏡文字の方角に

ずるいから
かたあしだけ
どっぷりと
がっちゃりと
posted by るぱんだこぱんだ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

おやすみ前

君は病に打ちひしがれ声がれ
恋煩い恋泥棒
おうちからはみ出して暴走中
声は風に乗ってやってきて
取り巻いて打ち消して知らんぷり意地悪
甘いお菓子食べ過ぎて後悔
シュウクリームをいただきました
ありがとうごちそうさま
命のあいさつ
今日の贅沢おつかれさま
少しも休めないでいるのかな?
明日もあげる
吐息耳元空想のみで
意地悪なんて言わせない
posted by るぱんだこぱんだ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

ヘンテコな彼女は

歌を歌った
バカボンの
あなた笑うからがっかり
だって、まるでニセモノ呼ばわり

でもでもでも・・・
なんでもいいから笑っていてね
いつまでも笑っていてね

あたたかいお蕎麦のあとに
ほっと一呼吸
お昼寝しないでナンでもない話をしよう
眠くなってしまうから困るよね?

あなたに染み込ませた言葉たち
たまにのぞかせるお姉言葉
あなたなら何でもイイの

なんでもいいから笑っていてね
ヘンテコなわたしのこと思って
いつまでも笑っていてね
posted by るぱんだこぱんだ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。