2009年02月28日

はんせいのうた

「ホントは いらないけど
もらっといて あげるよ」
ほんとは ほしいけれど
「いらん」 かおで

ことばは うらがえし
うしろまえ おばかさん

「どした?」「大丈夫?」
「お腹すけたの?」
おきにの こえはね
あまくて 萌えるの

ゴメンね





ホントは ほしいくせに
「ほしい」と 言えない
「ホントは ダイスキだよ」
なんて 言わない

スナオって なんだっけ?
わからない おばかさん

呆れて しまうでしょ?
あんな こんなで
ひなたの においに
溺れた くせして

「どした?」 「大丈夫?」
くれた「あまい」はね
なににも ましてね
大事な ギフトだ

ありがと 
posted by るぱんだこぱんだ at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

ジヘル坊やの毎日を思う

ここは教室という名のコロニー
はみ出すと「仲良し」の反対側に落ちてく

悪気のない世界は彼にとっては闇で
何気ない一言で彼のシャッターが降りる

「僕は宛のない旅の途中」
掴めるのはほんの一握りの理解
何か一つでも足りないと砂嵐
身も蓋もないのさ

疲れたかい?羽根をあげよう
どこまでも飛んで適当な雲を見つけて
休むといい
夢の中だけでとどめて欲しいけど

彼の思考がスイミーの瞳だとしても
認めなくてもイイから責めないで
一つだけでいい居場所があれば

彼の声にならない声が聞こえる
posted by るぱんだこぱんだ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

昨日の午前中、カラマツとのお話

おおきなカラマツが群れになって揺れている
ごうごうと鳴いて「風が来るよ」とおしえてくれる
小さな私は飛ばされないように
しっかりと外套を引き寄せ
嵐に背を向けた
木々はお辞儀してこちらを見下ろしている
笑いもせずに紳士的なその姿に惚れぼれとして
うっとりと「守られてる」安堵感に沈む
あの安心を感じて
ここに生きているんだと感じる
ここで生きていくんだと思う

タグ:爆弾低気圧
posted by るぱんだこぱんだ at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

お題「友達」

寒い…寒いよ。
こころの風穴
パズル外して
「友達」

嗅神経から「ボクはここに居る」
理解…
パズル外して
それは、理性。

都合よく
泣かない方法を操作して
表向き「友達」のち、のちのち…
雲行き、怪しげ。

きみ「友達」
「友達」だよね?
うん「友達」
大好きだから…
うん「友達」
posted by るぱんだこぱんだ at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 「詩を書く人」お題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

お願いのおねだり

お願いを一つだけ
「約束をして」
ねぇ?おねがい。

凍えたこと
黙っていたの。
あの日のこと
黙っていたの。

お願い事は叶いそうにない。
貝になったまま
閉じているから。

お願い事、一つだけよ。
「約束をして」
ねぇ?おねがい。
posted by るぱんだこぱんだ at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

束の間、溶けて雨降り。

お空は あくびを忘れて
すこし いじわる
気まぐれ 見ていないうちに
そっと 降って募る

包めない てのひら
朱くただ 灯るだけ

 お空は その頃
 溶けて雨降り
 あたたかいんだ
 気のせいかな?




切なく 見つめてた「ぼたん」
溶かす 言葉を
離れた 場所にいたとして 
分かる あの日みたい

我慢は 放棄して
言葉を 飲み込んだ

 お空は その頃
 溶けて雨降り
 あたたかかった
 束の間だけ



君振り返り そのあとで
雨は白く色を変えた 
posted by るぱんだこぱんだ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

溶けて雨降り

冷たい睦月
空はあくびを忘れて意地悪
雪は気まぐれで見ていないうちに降る

寒くならないように
手袋を忘れない
握れない手がそこにあって哀れ

おなかいっぱいの幸せの中
心地よい匂いに酔っていた

優しい旋律に身をゆだねて
我慢は三分の一ほど放棄
決心が崩れてゆく

お空はその頃
溶けて雨降り
あたたかいんだ
気のせいかな?

唇にグロス
意味なんて無い
ほどけて溶けて真っさらだ

お空はその頃
溶けて雨降り
あたたかかった
ホント束の間

通り過ぎた後
雪に変わった
posted by るぱんだこぱんだ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 書いてみただけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

光の下で

君が抱える 紙の基地は
寒い夜ほど傍にいてくれる
「一人じゃない」と そう思うほど
一つ一つの灯が 切なく痛い

光の下で 白い息吐き
戻る場所が あること 忘れそう

一億と二千の 鼓動走り
悲しみをほどき 夢を見たい
posted by るぱんだこぱんだ at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うれしすぐる!!(T_T)

2008年12月26更新分の「うたまっぷ自作歌詞」の管理人さんのオススメ
・・・選ばれてました(T_T)嬉しい。
選ばれてたのは「まぁちんの足音」。
3番目の息子の行動を、 YUIちゃんの曲にのせてみたものでした。
彼はちょっと変わってて、じへる少年です。
へんてこだけど愛くるしい(*^_^*)かわいい子。
愛って、照れてなんか居られない。
表出しなければもったいない!
・・・そう思えた。。。

今年はどんな年になるかしら?
牛さん、こんにちは
今年のるぱ家の年賀状は「ミル姉さん」
笑って過ごせますように・・・
posted by るぱんだこぱんだ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

「こころおと」バリアフリーライブ

http://www.nhk.or.jp/yokohama/program/004/christmas.html
この人達は
聾・CODA・聴者の混合バンドです♪
「世界の平和と手話と僕」
「day dream」
の2曲です。聴いてくだされ〜♪
イイ歌ですよ。
おまけでパックンマックンも観れまする(^^)

「世界の平和と手話と僕」
この曲を聴くとね
一人一人が何をしたって、世界は変わらないかもしれないけれど
「僕」が思う事
「僕」が行動する事
「僕」が僕らしく居るという事を
それらを止められないし、止めなくてイイよ!
って、伝わってきました。

「day dream」
この曲を聴くとね
小さな日常に震えていた女の子が思い浮かぶよ。
その子の恋や愛が、心を満たすきっかけは
愛する人の太陽みたいな笑顔
だったりする・・・のかな?
甘く切なく前向きな女の子の歌♪かわゆすぅ


ハマりますよ。
みなさんも「こころおと」に酔ってくだされ〜♪
タグ:こころおと
posted by るぱんだこぱんだ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 「うたうたい」のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。